PROFILE

はじめまして。

アロマテラピーサロン『matricaria マトリカリア.』白井康子です。

東京世田谷のアロマテラピーやハーブをはじめ香りを用いた自宅サロンです。

★AEAJ公益社団法人日本アロマ環境協会

  アロマテラピーインストラクター

  アロマセラピスト

  アロマブレンドデザイナー

  アロマハンドセラピスト

  環境カオリスタ

★熊井明子ポプリの会

  認定講師

★JAMHA特定非営利活動法人日本メディカルハーブ協会

  ハーブ&ライフコーディネーター

  メディカルハーブコーディネーター

★特定非営利活動法人日本成人病予防協会

  健康管理士上級指導員

★一般社団法人日本発酵文化協会

  発酵マイスター


アロマセラピストになるまで


アロマテラピーは香りの世界。「いい匂いが好き」そんな単純な興味で始めたアロマテラピーです。

そこは単なる「いい匂い」にとどまらない深い世界がありました。




私が「アロマテラピー」という言葉を聞いたのは20代の頃。バブルの名残の時代です。当時の勤め先はお堅めの損害保険会社でしたが、営業現場ではないため、男女とも香水をつけている人が多い職場でした。もちろん私も愛用の香りがありました。


単なる香り好きから「アロマテラピーってちょっとオシャレかも」と軽い気持ちで初めて嗅いだはじめての精油(エッセンシャルオイル)は「イランイラン」と言います。「花の中の花」と言われるイランイランの香りはムッとむせ返るようでお世辞にも良いとは思えない香り。その次に嗅いだ香りは「プチグレイン」という木の香り。これもまた苦手でした。

そうして精油のふたを閉め、私の中からアロマテラピーの文字はなんとなく無関係なところに置き去りに・・・。


結婚、子育てに追われる30代。


少しずつ時間と気持ちに余裕の出てきた40歳を過ぎた頃。

いつの間にか街には「アロマテラピー」の専門店。ふと興味を感じダメもとで嗅いだのがアロマテラピーの代表的な香り「ラベンダー」でした。鼻にすっと抜けるようなその芳しさに「あぁぁぁ~いい匂い」。意識ごと遠くどこかの高原にでも飛ぶようでした。


そこから東京原宿表参道の「生活の木」にてアロマテラピーを学び始めました。

所属するAEAJ(日本アロマ環境協会)の アドバイザー → インストラクター → セラピスト とアロマテラピーの専門家として現在に至ります。

また、アロマテラピーだけでなく香りつながりのハーブ、ポプリ、石けん、キャンドルなども学んでおります。

※アロマテラピーの資格については後述を参照ください。



マトリカリア.では、香りを手軽に取り入れていただけるよう、様々な香りのクラフトをご提供しております。